米下院の共和党保守派最大グループの指導者が27日、同党が現在検討中の医療保険制度改革法(オバマケア)代替策を支持できないとの認識を示した。

  この指導者とは、170人で構成する共和党研究委員会の委員長を務めるマーク・ウォーカー議員(ノースカロライナ州選出)で、「オバマケアの撤廃と代替を目指す現在の方針には深刻な問題がある」との声明を出し、共和党が作成中の案ではより高く付く給付金プログラムを登場させることになりそうだと説明した。

  トランプ米大統領は27日、オバマケア代替案は「特別なもの」になるとして期待をもたせた。だが、同大統領が上下両院合同本会議で演説する1日前のタイミングでのウォーカー氏の声明発表は、共和党が今後オバマケア撤廃・代替法案を議会通過させるのに深刻な打撃を与える可能性がある。共和党内で既に意見が割れている中で、ワォーカー氏の支持は重要。民主党からの支持が見込めないため、議席数435の下院で可決するには共和党がほぼ一丸となって賛成する必要がある。

原題:GOP Obamacare Plan Suffers Blow With Rejection by Key Republican(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE