米上院は27日夜、著名資産家ウィルバー・ロス氏の商務長官就任を承認した。同氏はトランプ大統領の通商政策を担う主要な通商当局者の1人となる。

  採決は賛成72、反対27。ロス氏(79)は28日にホワイトハウスで宣誓して正式に就任する。

  トランプ氏は昨年の選挙戦で貿易を米国の経済と勤労者により有利なものにすることを公約の一つに掲げて当選。ロス氏は上院指名承認公聴会で約束した北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉と、対中国貿易での公平な競争条件の確保に優先的に取り組むことになる。同公聴会でロス氏は中国が主要国で「最も保護主義的」だと批判した。

  ロス氏は同公聴会で、「私は反貿易主義者ではない。貿易の支持者だが、賢明な貿易、すなわち米国の勤労者と国内製造業の基盤に有害ではない貿易を支持する立場だ」とも述べていた。

  また海外に製造拠点を移転する企業に35%の輸入税を課すというトランプ大統領の発言について問われたロス氏は、大統領の選挙公約の一部は政策の表明というより、交渉戦術と見なすべきだと指摘した。

原題:Billionaire Ross Confirmed as U.S. Commerce Chief in Senate Vote(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE