タカタは27日、エアバッグの安全性を巡り自動車メーカーを欺いた通信詐欺1件について有罪を認めた。同社製エアバッグの破損に関連する事故では少なくとも17人が死亡した。

  タカタはデトロイトの米連邦地裁で有罪答弁を行った。同社は6週間前に10億ドル(約1130億円)相当の和解案で米司法省と合意していた。回収されるタカタ製エアバッグは1億個を超える見込みで、史上最大の製品リコール(無料の回収・修理)となる。

  タカタは米司法省との和解合意で、自社のエアバッグについて約15年にわたって生命に関わるリスクを隠していたことを認め、罰金2500万ドルの支払いに加え、1億2500万ドル規模の被害者補償基金と、8億5000万ドル規模の自動車メーカー向けリコール賠償基金の設定に同意した。

  タカタ製エアバッグの不具合が原因で負傷した被害者は、和解案の承認を延期するよう連邦地裁のジョージ・カラム・スティー判事に求めていたが、同判事はこれを退けた。被害者の弁護士、ケビン・ディーン、クレイグ・ヒルボーン両氏は裁判所に27日提出した文書で、和解合意は不正確あるいは「誤って描写された」主張に満ちており、自動車メーカーが被害者への支払いを回避するための盾に利用される可能性があると指摘していた。

  スティー判事は被害者の異議について、妥当なものだが合意を覆すには不十分だと判断した。

  刑事責任を巡る決着により、タカタの身売りに向けた大きな障害の一つが取り除かれたことになる。タカタの先月の発表によると、米当局との合意により、タカタと同社子会社を対象する米司法省の捜査は全面的に決着した。

原題:Takata’s Guilty Plea Accepted for Deadly Air Bag Fraud (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE