27日のニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。翌日に控えたトランプ米大統領の議会演説が同国の経済政策に与える影響を見守る展開となった。

  欧州では金を裏付けとする上場投資信託(ETF)のセトラ・ゴールドが引き続き買いを集め、投資家不安の高さを浮き彫りにした。今月に入り9億600万ドル近い資金が主に機関投資家から流入している。オイゲン・ワインベルク氏を含むコメルツ銀行のアナリストは27日付のリポートで、「不透明性を背景に、安全な逃避先としての金需要は高水準を維持する公算が大きい」と述べた。

  ニューヨーク時間午後2時1分現在、金スポット相場は前週末比0.1%未満高い1オンス=1257.60ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限はほぼ変わらずの1258.80ドルで終えた。

原題:Trump and Elections Angst Combine to Boost Europe Gold ETFs (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE