欧州連合(EU)離脱手続きの正式開始が迫る英国は、域内の調和を乱す存在であり続けた。だが、そればかりではない。域内で最も富裕な国の1つで、最大規模の防衛予算と金融サービスの拠点を持つ。

  英国離脱でEUが何を失うのか、以下の6つのチャートで紹介する。

英国の防衛予算はEU内で最大

  EUで国防は依然として各国政府の管轄事項だ。このため地理的にロシアに近いEU内諸国は英国という安全保障の盾を失うことを恐れており、英国はその軍事力を離脱交渉のカードとして活用する可能性がある。

国際社会での発言力

  EUは多くの国から成る1つの組織とは言え、大半の国際機関には個々の国として加盟している。主要7カ国(G7)など国際的な場で常に主張が一致するとは限らないが、EU加盟国間で姿勢を協調させようと努めることが多い。英国はフランスとともに、国連安全保障理事会の常任理事国でもある。

EU移民にとって有数の目的国

  出身国に関係なく、能力次第で域内のどこででも暮らし、働けるというのがEUの最も尊重する原則の一つだ。だが同時に、英国の有権者1740万人がEU離脱を選択する主な理由の一つにもなった。自由な労働法、英語、好景気が相まって、英国は人の自由な移動というEU規則を利用して他国での生活を模索する人々の主要な目的地となっている。

ロンドンの強大な金融ハブ

  英EU離脱交渉では、金融サービス業の扱いが大きな争点になる。業界団体の「ザ・シティーUK」によると、全世界の外国為替取引の37%、店頭デリバティブ取引の39%、国際銀行貸し付けの17%が英国で行われている。

EU予算に大きな穴

  サッチャー首相(当時)が1984年に勝ち取った減額分を考慮に入れたとしても、EU予算への寄与が純額で英国は域内で2番目に大きい。英国の離脱後、EU予算は年間で約120億ユーロ(約1兆4300億円)縮小することになる。

域内有数の富裕国

  英国はEU域内で2番目に大きな経済規模を持ち、失業率は4番目の低さだ。ただ政府債務残高は国内総生産(GDP)比89%と最も高い部類で、EUの予測によると、GDP成長率は昨年の2%から2018年には1.2%に減速する。先行きには困難が待ち構えているかもしれない。

原題:How Brexit Means EU Loses Money, Influence, Might: Six Charts(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE