香港不動産市場の過熱は収まらず、新たな記録が生まれている。香港当局は急騰する住宅価格の抑え込みを図っているが、そうした取り組みを物ともしないような動きだ。

  中古住宅販売の動向を示すセンタライン・プロパティー(中原地産)の指数は19日終了週に過去最高値を付けた。また宅地開発用に区画された臨海部の土地を、中国企業2社がこれまでの最高額である169億香港ドル(約2440億円)で落札した。土地だけで1平方フィート当たり約2万2000香港ドルに相当し、同地域の中古住宅価格より高い。不動産開発会社の間で、住宅価格は近く下落するとの予想が大勢でないことを示唆する。

香港の住宅群
香港の住宅群
Photographer: Xaume Olleros/Bloomberg

  中原地産のアソシエート・リサーチ・ディレクター黄良升氏は最終需要先と投資家からの引き合いを挙げ、「市場は今ホットだ」と指摘。「当局は今後金利が上昇し供給も増えるので今買う必要はないと言うが、誰も信じない」と話した。

  2つの記録更新は、不動産取引時の課税強化など価格押し下げを狙う当局の試みが需要急増で妨げられていることを示す。

原題:Twin Records for Hong Kong Property Flout Bid to Tame Market (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE