中国との貿易戦争がトランプ政権下の米国にどう跳ね返って裏目に出るのか。その教訓話は、RECシリコンのトーレ・トルブン最高経営責任者(CEO)に聞くといい。

  米国が2011年に中国製太陽光パネルに課税すると、中国は約1年後、同パネル製造に使われる米国製ポリシリコンに対抗措置を取った。ポリシリコンをワシントン州やモンタナ州の工場で製造するノルウェー企業のRECシリコンは、米国で生産する他メーカー同様に大打撃を受けた。

  北京でインタビューに応じたトルブンCEOによると、受注激減を受けて同社は過去3年間に米従業員を約350人削減。解決策として、中国企業との合弁で10億ドル(約1120億ドル)の工場を同国の玉林市に建設し、最大650人を雇用することにした。中国では、米国での関税を回避するため、ベトナムやマレーシアに投資する企業も出始め、これは中国の雇用面にもマイナスであるほか、業界全体がコスト競争力の面で影響を受けているとも同CEOは語った。

  太陽光パネルにおけるこうしたケースは、トランプ大統領が選挙中に訴えた中国からの輸出品への関税が回り回って米国に悪い結果をもたらしかねないことを示している。関税の妥当性にかかわらず、中国、米国、業界のいずれにもマイナスだったからだ。

原題:U.S.-China Already in Trade War on Solar and Everyone Is Losing(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE