ムニューシン米財務長官はトランプ大統領が近くまとめる予算案は社会保障やメディケア(高齢者向け医療保険制度)といった給付金プログラムには手を付けず、減税を通じて長期的な経済成長を実現する諸策に重点を置くと説明した。

  ムニューシン長官は、24日に録画され26日に放映されたFOXニューズ・チャンネルとのインタビューで給付金プログラムについて、「われわれは今は手を付けない」と発言。「従って今度の予算に盛り込まれると期待しないでいただきたい。われわれは他の側面にとても集中しており、それがわれわれにとって非常に重要だ」と語った。

  ホワイトハウスは2018会計年度(17年10月-18年9月)予算教書を3月13日にも議会に提出する見込みだと、議会スタッフが明らかにした。スパイサー大統領報道官も、予算教書の提出はその前後になると述べた。

  ムニューシン長官(54)は、トランプ大統領が28日夜の上下両院合同本会議での演説で税制改革に言及するだろうとした上で、政府は医療保険制度改革法(オバマケア)の廃止・代替に取り組みつつ、8月までに税制改革を完了させることを目指すと発言。「税制改革を完了させるにはまだ時間が必要だ。われわれは極めて迅速に提案し、それを成し遂げるだろう」と話した。

原題:Trump’s Budget Won’t Touch Entitlement Programs, Mnuchin Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE