ホワイトハウスのスパイサー報道官は24日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)やCNNなど一部の主要報道機関のブリーフィングへの参加を認めなかった。トランプ大統領はこの数時間前にメディアの政権報道を批判していた。

  ホワイトハウスはAP通信やロイター通信、ブルームバーグ・ニュース、AFPの代表者などの報道記者室メンバーをブリーフィングに招いた。その後、NBCニュースやCBSニュース、ABCニュースなどの報道機関に加え、保守系のワシントン・タイムズやブライトバート・ニュース・ネットワークも参加者に選ばれた。

  一方、NYTとCNN、ポリティコ、ロサンゼルス・タイムズ、バズフィード・ニュース、BBCの参加は認められなかった。ブルームバーグ・ニュースはブリーフィングの開始直前になって一部報道機関が除外されていることを把握した。AP通信は記者説明に招かれたものの、他の報道機関が締め出されたことを理由に出席を断った。

  スパイサー報道官は平日は通常、テレビカメラ入りの記者会見を行うが、この日はテレビ撮影なしのブリーフィングに変更。その理由についてトランプ大統領が同日、公に発言した点を挙げた。

  ブルームバーグのジョン・ミクルスウェイト編集主幹は発表文で、「主要報道機関を排除するホワイトハウスの今回の判断が、公に情報を届け続けるという点で最大の利益になるとは考えておらず、今後はこの日行われたような排他的ブリーフィングには参加しない」と述べた。

原題:White House Denies Access to Briefing to Times, Politico, CNN(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE