欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル小幅高、日中もみ合い-円は逃避需要で上昇

  24日のニューヨーク外国為替市場ではドルが全般的に小幅上昇。週末にかけてポジション維持には消極的だとトレーダーらが示唆する中、商いは薄かった。

  ドルは日中、方向感なく推移した。株式相場は世界的に下落、米10年債利回りは低下し年初来の低水準となった。逃避需要を背景に円は値上がりした。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は週間ベースで3週ぶりの下落。米大統領選以降のドル高の基盤となってきた米財政出動のタイミングをめぐる懸念が根強く、払拭できない状況だ。一方で、この日は利回り低下にかかわらずドルの底堅さが示され、ドル強気派に安心感を与える可能性もある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.0563ドル。対円では0.4%安の1ドル=112円12銭。

  ドルは前日に下落していた。ムニューシン米財務長官が財政出動が今年の景気に及ぼす影響は限定的になる可能性があると指摘したことから、トランプ米大統領が来週の議会演説で重大な提案を発表するとの期待が減退した。

  米国の財政や金融政策の見通しをめぐる不透明感に加えて、市場では欧州の政治情勢への警戒も続いている。仏大統領候補のフィヨン元首相が妻に不正に給与を支給したとされる疑惑をめぐり、同国金融検察当局はフィヨン氏と妻に対する調査の強化に踏み切った。このニュースがユーロの重しになった。

  欧米に関する懸念を背景に、逃避先とされる円は広範に買われ、G10通貨に対しては全面高となった。ドルは111円60銭を割り込むと、新たな買いが入ると予想されている。同水準は2月の安値水準でテクニカル的なサポートとなる見込み。
原題:Dollar Shrugs Off Drop in Treasury Yields, Pares Weekly Decline(抜粋)

◎米国株:上昇、ダウ平均は11日連続で最高値を更新

  24日の米国株は上昇。公益事業株や通信株を中心に買い進まれた。取引終了前1時間で値を戻し、ダウ工業株30種平均は小幅高で引けた。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%上昇して2367.34と過去最高。ダウ工業株30種平均は11.44ドル(0.1%)高の20821.76ドルと、1992年1月以来で最長の11日連続高だった。

  S&P500種セクター別11指数は9指数が上昇した。一方、金融は0.8%下落し、エネルギーは0.9%安。この日ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落した。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は2%低下して11.5 と、1週間ぶりの低水準だった。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのストラテジストらがEPFRグローバルのデータを引用したところによると、2月22日終了週の米国株ファンドの純流入額は30億ドル。過去4週のうち3週で流入となっている。
原題:U.S. Stocks Gain as Dow Caps Historic 11-Day Streak at Close(抜粋)
U.S. Stocks Fall as Dow Poised to End Streak; Europe Shares Drop(抜粋)

◎米国債:大幅高、週間でも上昇-30年債利回り3%割る

  24日の米国債相場は大幅高、週間でも上昇した。30年債利回りは3%を割り込んだ。欧州の国債上昇に連れ高となったほか、米財政政策への期待の後退が背景。

  利回りは各年限で4-6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下。9日には、税制改革案が今後「2、3週間」内に発表されるとのトランプ大統領の発言に反応し、利回りは大きく上昇していた。だが税制改革案は発表されておらず、バンク・オブ・アメリカ(BOA)のエコノミストらは24日、「今年は、財政面の刺激策は事実上ゼロ」と予想した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、30年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.95%。10年債利回りも6bp下げて2.31%。

  トランプ大統領は28日に議会演説を行う。TDセキュリティーズUSAのストラテジスト、プリヤ・ミスラ氏はリポートで、トランプ氏が演説で税制改革の法律制定に向けたスケジュールを示さなければ、「市場には失望が広がり、利回りはさらに幾分か下がる可能性がある」と記した。
原題:Treasuries Post Weekly Gains, Driving 30-Year Yields Below 3%(抜粋) 

◎NY金:上昇、大統領選前のレンジ回復-トランプ氏演説控え

  24日のニューヨーク金相場は上昇。米大統領選前の水準を回復した。トランプ大統領の議会演説を28日に控え、株価が下落したことやドルが方向感なく推移したことが背景。週間では1月以降で最長の4週連続上昇。

  プレステージ・エコノミクス(テキサス州)のジェーソン・シェンカー社長は電話インタビューで、「政策をめぐる不透明感は高まっている」と指摘。金は「短期的にはもう少し上昇する可能性がある」と述べた。

  ニューヨーク時間午後2時19分現在、金スポット相場は前日比0.6%高の1オンス=1257.31ドル。昨年6月の英国の欧州連合(EU)離脱決定から11月の米大統領選までに見られた1250-1350ドルレンジの下限まで戻ってきた。これは一部トレーダーらが強気シグナルとして注目する200日移動平均線の1262.12ドルをわずかに下回る水準。

  銀スポットは0.9%高。プラチナは1.6%上昇の1025.50ドル。パラジウムは0.5%安の770.70ドル。
原題:Gold Returns to Pre-Election Trading Range Ahead of Trump Speech(抜粋)

◎NY原油:反落、過去最高水準の在庫を嫌気

  24日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が減産を実施しているものの、米国での在庫が過去最高水準にあることから売りが優勢になった。

  みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は「認識されるのに時間がかかるかもしれないが、在庫は過去最高水準にある。市場はそれに反応している」と指摘した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比46セント(0.8%)安い1バレル=53.99ドルで終了した。ロンドンICEの北海ブレント4月限は59セント(1%)下落の55.99ドル。
原題:Oil Slips From 19-Month High as Ample Supply Offsets OPEC Cuts(抜粋)

◎欧州株:3週間ぶり大幅安、鉱業株が安い-買われ過ぎ感台頭

  24日の欧州株式相場は3営業日続落。指標のストックス欧州600指数のこの日の下げはここ3週間余りで最大。同指数を1年2カ月ぶり高値まで押し上げた最近の相場上昇が行き過ぎとの見方が強まった。

  ストックス600指数は前日比0.8%安の370.01で終了。業種別指数全てが下げた。世界景気の拡大やインフレ加速への期待を背景に、同指数は昨年11月4日から今月21日までに14%上昇していた。

  鉱業株や銀行株、自動車銘柄など最近買われていた業種がこの日は下げが目立った。鉱業株は3日続落。21日には2014年7月以来の高水準を付けていた。

  ドイツのDAX指数は1.2%安と、下値支持線のある11900を割り込んだ。今週の日中取引で12000を突破したものの、終値ベースでこれを維持することができなかった。

  個別銘柄では、フランスのメディア企業ビベンディが3.9%下落。2017年通期利益見通しがアナリスト予想に届かなかった。ドイツの化学メーカー、BASFは2.9%下げた。暗い欧州見通しが今年の化学業界の利益への重しとなるとの見方を示した。
原題:European Stocks Retreat as Traders Shun Risk After Recent Rally(抜粋)

◎欧州債:軒並み上昇-仏長期債が高い、マクロン氏支持伸びる

  24日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が軒並み上昇。フランス大統領選挙の決選投票に関する世論調査で、無所属候補のマクロン前経済相が支持率を伸ばしたことを受け、同国の長期債利回りが9bp低下した。

  • ドイツ2年債利回りは5bp低下し過去最低を更新。ECBのQEによる継続した需要で、同利回りはマイナス1%以下へと低下する可能性があるとのシティグループのリポートが注目された
  • ドイツ10年債利回りは4bp下げたものの、0.20%前後で推移。軟調な欧州株が支援材料

原題:EGBs Rally Across the Board; End-of-Day Curves, Spreads (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE