トランプ米大統領は24日、情報の「漏えい者」をめぐり米連邦捜査局(FBI)を激しく批判した。

  トランプ大統領は米東部時間午前7時半ごろに、ツイッターでFBIを批判。その後間もなく記者会見が開かれ、政権高官らは、トランプ大統領の側近が昨年の選挙戦中にロシア当局者と連絡していたとの一部報道をめぐりプリーバス大統領首席補佐官がFBIと交わした議論の時系列での詳細を説明した。

  大統領はツイッターに「FBIは、政府内に長い間はびこっている国家安全保障に関する情報の『漏えい者』を全く止められていない」と投稿。さらに、FBIは「FBI内部の情報漏えい者さえ見つけられない。機密情報がメディアに渡っており、米国に壊滅的な影響をもたらし得る。今すぐ見つけろ」と続けた。

  FBIにはコメントを求めて連絡を取ったが、これまで返答は得られていない。

  CNNは23日、ホワイトハウスは、トランプ大統領の側近が昨年の選挙戦中にロシア当局者と連絡していたことが米情報当局によって判明したとのメディア報道を公式に否定するよう米連邦捜査局(FBI)に求めたと報じた。だがFBIはこれを拒否したという。CNNは匿名の事情に詳しい政府当局者の情報を基に報じた。

原題:Trump Attacks FBI Leaks as Aides Defend Talks With Agency (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE