ロンドンからバンカーが通う看板だけのオフィスならお断り-。ドイツ連邦銀行(中央銀行)のドンブレト理事は英国の欧州連合(EU)離脱後にEU拠点としてフランクフルトを選択する銀行に対し、その場合はドイツで本格的に事業を展開することを要求すると語った。

  ドンブレト理事は24日、ロンドンで講演し「実質的に事業が引き続きロンドンから行われ、実体がなく郵便物を受け取るだけのような拠点なら、われわれは受け入れない」と指摘。「バンカーが毎日ロンドンから通ってくるような『通勤バンキング』、EU子会社が取引を発注しながら実際はロンドンが執行する『二人羽織』」もそうだと付け加えた。

  フランクフルトについては、英国の離脱後に欧州単一市場へのアクセスを維持するためEU内拠点の新設や拡大が必要なゴールドマン・サックス・グループやシティグループなど、国際的な大銀行が有力候補地として検討している。

  ドンブレト理事はまた、英国のEU離脱手続きが進む中で金融規制の「緩和競争」を回避する必要があるとも述べた。

原題:Bankers Told No Fly-In, Fly-Out Hub in Frankfurt After Brexit(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE