米航空機メーカーのボーイングは、同社として欧州初となる製造拠点を英国・イングランド北部のシェフィールドに建設する計画を明らかにした。欧州連合(EU)離脱準備を進める英製造業に信任票を投じる格好だ。

  同工場は2000万ポンド(約2820億円)を投じて建設され、主力短距離機「737」と広胴機「777」向けに、フラップを駆動させるアクチュエーション・システム関連の部品を供給する。

  ボーイングは24日の発表資料で、生産性向上と品質管理の強化、サプライチェーン費用の削減を目指し、アクチュエータ関連部品の社内製造を増強する計画を進めるものだと説明。シェフィールドでは当初30人雇用し、来年から採用活動を始める。

原題:Boeing to Open Its First European Plant -- in Post-Brexit U.K.(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE