英銀スタンダードチャータードの2016年通期決算は黒字を回復した。貸し倒れの減少やコスト節減が寄与した。

  24日の発表によると、税引き前利益は4億900万ドル(約460億円)。前年は15億2000万ドルの赤字だった。一時項目を除いた営業利益は10億9000万ドルで、ブルームバーグがまとめたアナリスト13人の予想平均(14億2000万ドル)に届かなかった。

  収入は11%減の138億ドル。アナリスト予想平均は137億ドルだった。融資損失は23億8000万ドルと15年の40億1000万ドルからほぼ半減した。

原題:Standard Chartered Swings to Annual Profit as Impairments Fall(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE