米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)によれば、中国がレバレッジ解消に向け何をしようが、十分ということはない。

  PIMCOの新興市場担当エグゼクティブバイスプレジデント兼グローバルストラテジストのジーン・フリーダ氏(ロンドン在勤)は電話インタビューで、中国の中央当局は「慎重な引き締めシグナル」を発しているものの、市中銀行や地方レベルではほとんど無視されていると指摘。特に年内に共産党大会などがあることから、地方当局が重視しているのは安定的な経済成長維持だと論じた。

  同氏は中国では当局と銀行など資金の貸し手の間で「いたちごっこ」が繰り広げられ、「慎重な形での引き締めという政策は一般的に十分機能しない」と述べた。「与信拡大容認の余地があるのなら、与信は拡大する。与信をスローダウンさせる唯一の方法は、厳しい抑制を課すことだ」と説明した。

  フリーダ氏は「貸出・預金基準金利の引き上げは、政策を引き締めたいとのより強いシグナルを送ることになるだろうが、さまざまなタイプの与信の伸びに関する量的な制約という形はあいまいな引き締めだ」と語った。

  中国人民銀行(中央銀行)は1年物の貸出・預金基準金利を過去最低水準に引き下げた2015年10月以降、政策金利を変更していない。
  

原題:Pimco Urges China to Get Tougher in Cat-and-Mouse Debt Game (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE