トランプ米大統領が次期駐中国大使に指名したテリー・ブランスタッド氏は23日、米中友好の重要性を強調した。同氏は今週のワシントン訪問時に中国の駐米大使と会談する予定だ。

  現アイオワ州知事であるブランスタッド氏は同日のインタビューで、両国の友好関係が「重要なものになる」と発言。「歴史を振り返れば、多くの困難な時期があった。悪化すれば、また好転する。両国関係改善に寄与する上で建設的な役割を自分が担えればと願っている」と述べた。

  ブランスタッド氏は30年ほど前から中国の習近平国家主席と面識がある。同氏は昨年12月にトランプ氏の指名を受けた。米上院での承認はまだ得られていない。

原題:U.S.-China Friendship Crucial, Trump Nominee for Ambassador Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE