北朝鮮が「友好的隣人」である中国に対し、異例の敵対的論調を朝鮮中央通信(KCNA)で展開した。中国が北朝鮮からの石炭輸入停止を先週決定したことを「非人道的」と非難するとともに、核兵器の開発を継続すると誓った。

  KCNAの23日掲載文は中国を名指ししていないものの、石炭輸入禁止措置は北朝鮮の「社会システムを崩壊させる敵国の策略に等しい」と批判。「大国然のこの国は米国の言いなりで、北朝鮮の国民生活に悪影響を与える意図はなく核プログラムの抑制が目的だと言い訳しながら、卑劣な行動を擁護している」と指摘した。

  さらに、北朝鮮への資金が「少しでも断ち切られれば核兵器や大陸間弾道ミサイルの製造をしなくなると考えるのは、全く子供じみている」とも断じた。

原題:North Korea Says China ‘Dancing to U.S. Tune’ in Rare Criticism(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE