独アリアンツの主任経済顧問、モハメド・エラリアン氏は米当局の3月利上げについて油断し過ぎないようトレーダーらに警告している。

  1日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録や最近の経済指標に照らし、市場が織り込んでいる3月利上げ確率は「低過ぎるように思われる」と、エラリアン氏は22日ツイッターに投稿した。確率は50-60%が適切のようだとの見方を示した。

  ブルームバーグのデータによれば、3月15日の0.25ポイント利上げについて先物市場が織り込んでいる確率は約34%。

  エラリアン氏は最近の経済指標を高い利上げ確率の理由に挙げる。失業率は5カ月連続で5%を下回り、1月の雇用者数の伸びは4カ月で最大だった。エラリアン氏は3月10日公表の2月の雇用統計が重要だと考えている。

  雇用統計、特に賃金上昇率が、3月会合での当局者らの考えに「顕著に影響するだろう」とエラリアン氏は2回目の投稿で指摘している。
  
原題:El-Erian Warns Bond Market It’s Underestimating March Fed Odds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE