英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は米レイノルズ・アメリカン完全買収の完了と日本市場での加熱式たばこ「グロー(Glo)」の販売拡大を通じ、今年の増益を見込んでいる。

  BATが23日発表した決算資料によれば、2016年の調整後営業利益は前年比9.8%増の54億8000万ポンド(約7730億円)。アナリスト予想は54億3000万ポンドだった。同社は16年分の配当を10%引き上げた。最終配当は1株当たり11.8ペンス。
  
  ニカンドロ・デュランテ最高経営責任者(CEO)はBATのウェブサイトに掲載されたビデオインタビューで、「良好な勢いで17年に入っている」と指摘した上で、日本全国でグローの販売を7-12月(下期)の初めに拡大したいと話した。この種の製品で最大規模の市場である日本では、米フィリップモリスインターナショナル(PMI)が先行している。

  BATは、株主および競争法当局の承認が前提だがレイノルズ買収は7-9月(第3四半期)に完了する見込みだとあらためて説明した。

原題:BAT Forecasts Earnings Growth Amid Race for Smoking Alternatives(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE