新興市場のヘッジファンド資産が昨年末時点で過去最高を記録した。米調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)が明らかにした。

  同社のリポートによれば、新興市場ヘッジファンドの資産は2016年末時点で2007億ドル(約22兆7200億円)。前年末比では93億ドルの増加となった。世界のヘッジファンド資産は16年中に1216億ドル増え3兆200億ドルとなった。

  シカゴに本社を置くHFRのケネス・ハインツ社長は発表資料で、「欧米の金融政策の乖離(かいり)が新興市場に与える影響に投資家が備える中で、中南米およびロシア・東欧に焦点を絞ったファンドを中心にパフォーマンスが力強く向上し、今回の伸びに寄与した」とコメントした。

原題:Emerging-Markets Hedge-Fund Assets Reach Record in ’16, HFR Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE