米銀シティグループは世界の規制問題を扱うチームをワシントンに置く。トランプ政権下での広範な規制変更の可能性を踏まえ、ウォール街の金融機関各社は準備作業を進めている。

  米通貨監督庁(OCC)に長く在籍していたケビン・ベイリー氏が、この新たなチームを率いる。同チームはシティのロビイストと協力し、米国と海外の規制当局の方針に照準を定めていく。

  シティはベイリー氏を先月採用したことについて行内文書で、同氏は「営業と顧客に関する既存の規制および規制案の影響を見極める」とコメント。「極めて重要な規制改革全般についてシティの提言で中心的役割を果たし、われわれの取り組みの調整と一貫性を確実にする」のが同氏の責務だと説明した。

  OCCで25年働いたベイリー氏はGEキャピタルからシティに移籍した。

原題:Citigroup Sets Up D.C. Team as Trump’s Regulatory Overhaul Looms(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE