フランス大統領選挙が数週間後に迫る中、世論調査で極右政党・国民戦線(FN)党首のマリーヌ・ルペン氏が支持率トップとなり投資家は神経質となっている。特に懸念されているのは、同氏が欧州連合(EU)からの離脱を望みユーロ圏を解体の危機に導くのではないかという点だ。ではその可能性はどのくらいか。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)エコノミクスは、ルペン氏の前に6つの大きなハードルが立ちはだかるとみる。フランス特有の政治および制度的仕組みから、「Frexit(仏EU離脱)」が近々起きる可能性は極めて低い。

6つのハードル
6つのハードル
Bloomberg

1. フランス大統領選の第1回投票(2017年4月)

  フランス大統領選は通常2回の投票から成る。第1回投票の得票率上位2名が第2回投票(決選投票)で一騎打ちとなる。ルペン氏は4月23日の第1回投票で25%程度の得票率を獲得しトップとなる可能性が極めて高いが、多くの世論調査では主要な対立候補、中道・右派陣営のフランソワ・フィヨン元首相と無所属候補のエマニュエル・マクロン前経済相がぴったりと後を追う展開が予想されている。

ルペン候補が世論調査でトップ
ルペン候補が世論調査でトップ
Bloomberg

2. 第2回投票(17年5月)

  第2回投票に進出できたとしても、これまでのところルペン氏勝利を予想する世論調査は一つも無い。上位2名に候補者が絞られると、選挙戦の様相は第1回投票から大きく変わる。第1回投票で3位以下となった候補者に投票した有権者はルペン氏ではない方の候補者にくら替えし、敗れた候補者も同様の行動にでる公算が大きい。投票率が高いほど、ルペン氏当選のハードルも高くなる。同氏の父ジャンマリ・ルペン氏は02年の大統領選で決選投票に進んだものの、82%の率を集めた対立候補のジャック・シラク氏に大敗した。世論調査ではルペン氏の得票率予想は、父親の実績より高いとはいえ30-40%どまり。この2回にわたる投票システムがこれまでのところFNにとって鬼門となっている。

第2回投票が鬼門
第2回投票が鬼門
Bloomberg

3. 議会からの支持取り付け (17年6-7月)

  大統領に当選したとしても、ルペン氏は政権運営に向けて議会からの支持取り付けが必要になる。首相と閣僚は大統領が指名するが議会の承認が要る。ルペン氏にとって問題なのは、FNは議席数577の国民議会(下院)で2議席、348議席の上院でも2議席しか確保していないことだ。選挙に打って出ることも、6月に予定されている下院選まで待つことも可能だろうが、再び2回で行われる選挙システムが立ちはだかり議席数大幅増の公算は極めて低い。同氏は議会での多数派工作の「必要性」を理解しているが、その場合、親EU政党との間での妥協とユーロ懐疑的なスタンスの軟化を迫られよう。ルペン氏は議会多数派との間で「コアビタシオン」の状況を選択することも可能で、大統領は外交に注力し議会多数派が内政を担当した過去の例もある。そうなれば、ルペン氏は大統領として最初から「死に体」だろう。

4. EUとの交渉 (17年後半)

  ルペン氏は国内で政権の足場を整えられれば、欧州との交渉を始めることができる。同氏は選挙戦で、当選すればEU当局との交渉を開始し、半年後にEU離脱の是非を問う当国民投票を行うと公約している。技術的には就任した日から交渉開始は可能だ。同氏のプログラムに従えば、交渉の目的は「フランス国民の主権を回復し、国家の自由と命運の支配を取り戻す」ことだ。これは、シェンゲン協定から離れ、新たな通貨を導入することを意味する。内政とEUの双方から追い詰められ、ルペン氏が一段と急進的な要求への挑戦はあきらめ、名誉ある撤退を選択する可能性も依然としてある。英国の経験からすると、EUとの交渉は厳しいものとなり、当局と衝突するというのがもう一つのもっともらしいシナリオだ。

5. EU離脱を問う国民投票(17年末)

  フランスでEU離脱の是非を問う国民投票が実施されるとしても、年末まではない。大統領は一定の条件の下で国民投票を行う権限を与えられているが、創設メンバーの一角としてフランスでは依然として親EU感情が強い。昨年、英国のEU離脱が決まった直後の世論調査では、64%が離脱に反対と回答。同年10月からのユーロバロメーターの調査では53%がユーロはフランスにとって「プラス」と答え、「マイナス」との回答は37%にとどまった。

6. リスボン条約50条の発動と憲法改正 (18年)

  国民投票でEU離脱が決まった場合、ルペン氏はリスボン条約50条を発動し、英国の後を追って数年にわたる厳しい交渉を行うことになる。EU離脱にはフランス憲法の改正が必要で、それには政府と議会上下両院による承認が要る。いざとなれば、ルペン氏は憲法11条を利用し議会の承認を得ずに国民投票にかけることも可能だ。こうした動きは結局、憲法をめぐる裁判に行き着く公算が大きく、EU離脱へのプロセスは一段と遅れかねない。フランスがFrexitで前進することは恐らくないだろう。ルペン氏が超えなければならないハードルはかくも高く、多いのである。

原題:FRANCE INSIGHT: Marine Le Pen’s Six High Hurdles to Frexit (2)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE