韓国銀行(中央銀行)は23日の金融通貨委員会で、政策金利である7日物レポ金利を過去最低の1.25%に維持することを決めた。金利据え置きはこれで8カ月連続。輸出とインフレ動向の改善により、国内の信頼感に打撃を与えた政治スキャンダルをめぐる懸念が和らいだ。

  ブルームバーグがエコノミスト22人を対象にまとめた調査では、21人が据え置きを予想。1人は1%への利下げを見込んでいた。

  DBSグループ・ホールディングスの馬鉄英エコノミスト(シンガポール在勤)は中銀の発表前に「短期的な利下げの可能性はますます低くなっているようだ」と指摘。「輸出需要の改善で、景気底入れの初期の兆しが幾分か示されている」と述べた。

原題:Bank of Korea Holds Interest Rate as Exports, Inflation Improve(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE