ブラジル中央銀行は22日、政策金利を0.75ポイント引き下げ、12.25%とすることを決めた。インフレ率の大幅な低下が続き、景気回復の兆しがほとんど見られない状況で、中銀は積極的な利下げペースを継続した。また、一段の利下げのためには、政府支出抑制の取り組みでさらなる進展が必要だと示唆した。

  ブラジル中銀は2会合連続で0.75ポイントの利下げに踏み切った。ブルームバーグが調査したエコノミストのうち1人を除く全員が0.75ポイントの政策金利引き下げを予想。エコノミストのうちの1人は1ポイントの利下げを見込んでいた。

ゴールドファイン中銀総裁
ゴールドファイン中銀総裁
Photographer: Lula Marques/Bloomberg

  中銀は声明で、ディスインフレがさらに拡大しており、食品価格の上昇率低下が「供給ショック」となっていると指摘した。

  中銀はその一方で、ディスインフレの持続と構造金利(中立金利)の低下を確実にするためには、 政府支出を中心とする一段の構造改革が必要だとの見解を示した。

  コンサルティング会社ローゼンバーグ・コンスルトレス・アソシアドスのチーフエコノミスト、タイス・ザラ氏は、より大幅な利下げの可能性について「財政改革の進展など、中立金利が低下していることを示す進歩が必要だ」と指摘。中銀は「次回会合での一段と積極的な利下げの余地を残している」と述べた。

原題:Brazil Says Pushing Rate Cuts Into Overdrive Requires Reforms(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE