フランス大統領選挙の無所属候補、マクロン前経済相は同じ中道のフランソワ・バイル氏との共闘に合意した。決選投票進出の可能性を高める動きだ。

  マクロン氏は22日AFPに対し、4月の第1回投票で穏健派の票が割れることを避けるためバイル氏の共闘の申し出を受け入れたと語った。

  バイル氏はこの日、先にパリでの記者会見で「非常に危険な状況にあり、このような状況では例外的な対応が必要だ」とし、「マクロン氏は極めて優秀だ」と述べていた。

  フランス南部の街、ポーの市長を務めるバイル氏(65)は2007年の大統領選挙に出馬し第1回投票で18.6%の支持を得たが、わずかな差で決選投票進出を逃していた。12年にも出馬したが9.1%に低下し、最近の支持率調査では5%前後にとどまっていた。それでも混戦模様の今年の大統領選挙では、同じ中道のマクロン前経済相にとって脅威となり得る存在だった。

  バイル氏は会見で、「恐らく私が犠牲になるのだろうが、事態の重大さを行動に反映させなければならない時がある。票が割れることは状況を悪化させるだけだ」と語った。

  バイル氏の会見を受けてフランス国債は上昇。10年債利回りはパリ時間午後5時59分現在8ベーシスポイント低下の1.01%。この日は一時1.11%に達する場面もあったが、反転した。

  最近の世論調査は極右のルペン国民戦線(FN)党首が第1回投票で26%の支持を得ると示唆している。決選投票への進出でマクロン氏と共和党のフィヨン元首相がしのぎを削っているが、21日公表のエラブの世論調査はバイル氏が出馬すればマクロン氏の票が主に流れることを示唆した。

  世論調査はマクロン氏、フィヨン氏いずれが進出しても決選投票でルペン氏を破ることを示唆しているが、進出をかけた第1回投票2位の座は両氏が抜きつ抜かれつの争いを繰り広げている。

原題:French Centrist Bayrou Steps Aside in Election, Backing Macron(抜粋)
Macron Seals Centrist Pact Boosting French Presidential Campaign

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE