ドイツ連邦銀行(中央銀行)は欧州中央銀行(ECB)の非伝統的政策によって生じる損失額について推計を示す公算だ。

  独連銀はECBが債券購入プログラムを最終的に巻き戻し利上げを開始すれば、損失を被ると想定している。23日に連銀の年次報告書公表に併せ、バイトマン総裁は同問題に触れるかもしれない。昨年のイベントでは、金融政策引き締めに伴うコストを吸収するため「相当額」を引き当てる必要があるだろうと述べていた。

  連銀はマイナス金利のドイツ国債を購入し保有しているために損失を被っている。今のところは中銀預金のマイナス金利、つまり市中銀行が中銀に支払う金利によって相殺されているが、預金金利がプラス圏になれば連銀の財務は悪化する公算だ。

原題:Bundesbank Considers Exit Cost From ECB’s Unconventional Policy(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE