ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は同国経済が今年初めに勢いを増したと見込んでいる。

  Ifo経済研が22日発表した2月の独企業景況感指数は110.0と、1月の109.9(改定値)から上昇。ブルームバーグが集計したエコノミスト予想中央値は109.6だった。

  米国の経済政策や英国の欧州連合(EU)離脱交渉、フランス大統領選などの政治イベントが勢いをそぐ可能性はあるものの、2016年に5年ぶり高成長を遂げた独経済は、今年もユーロ圏をけん引するとみられている。

  独連銀は月報で、「極めて堅調」な受注を考慮すると、力強い経済の勢いが見込まれ、これが輸出にも反映されるだろうと分析。2017年1-3月(第1四半期)も成長が強まるとの見通しを示した。

  2月の現況指数は118.4と、1月の116.9から上昇。期待指数は104.0で、前月の103.2を上回った。

原題:German Business Sentiment Rises as Bundesbank Sees Growth Pickup(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE