ドイツの製薬会社バイエルが22日発表した昨年10-12月(第4四半期)決算は14%増益となった。処方薬の需要が利益を押し上げ、市場予想を上回った。

  発表資料によると、一部コストを除いたEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は21億7000万ユーロ(約2590億円)に増加。ブルームバーグがアナリスト7人を対象にまとめた予想平均は20億7000万ユーロだった。抗凝固薬「イグザレルト」などの医薬品需要を中心に処方薬が増益に寄与した。

  バイエルは今年末までの米モンサント買収完了を引き続き見込んでいると説明。2017年EBITDAの伸びは特別項目前ベースで恐らく1桁台半ばとの見通しを示した。

原題:Bayer Fourth-Quarter Profit Beats Estimates, Helped by Drugs (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE