メキシコとカナダの外相は21日、米トランプ政権との今後の貿易交渉を控えて共闘する考えを表明し、北米自由貿易協定(NAFTA)が3カ国全てに恩恵をもたらしていると強調した。

  メキシコのビデガライ外相とカナダのフリーランド外相はNAFTAの再交渉について、2国間ではなく3カ国が一堂に会して議論すべきだと指摘した。

  フリーランド外相は21日にトロントで行われたビデガライ外相らとのパネル討論会で「NAFTAは3カ国の合意であるとわれわれは強く認識している」と述べ、「メキシコとの関係をわれわれは尊重する」と語った。

  トランプ米大統領はカナダのトルドー首相による先週のホワイトハウス訪問後、カナダとの貿易は「微調整」しか必要ないと述べ、メキシコとの貿易をより徹底的に見直す姿勢とは対照的な見解を示していた。

原題:Mexico and Canada Say Nafta Should Be Re-Negotiated Trilaterally(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE