鉱山業界はこの10年で最速のペースで回復している。

  オーストラリア・英系BHPビリトンと英アングロ・アメリカンが21日発表した決算は、少なくとも2007年以降で最大の増益となった。コストの大幅削減と金属価格の回復が寄与した。利益はアナリスト予想を上回り、鉱山業界が過去1年間の低迷から劇的に回復したことが示された。

  数年にわたって過剰投資を行っていた主要鉱山会社の一部は、資産売却やコスト削減、投資抑制を余儀なくされていたが、鉱山業界は危機を脱しつつある。金属価格はおおむね低迷から回復し、大規模鉱山のうち数カ所は利益を出している。

  サンフォード・C・バーンスタインのアナリスト、ポール・ゲート氏は電話インタビューで「この事業がどれほど現金収入につながり得るかが分かる。今年は戦略を再編し、再考する年だと思う」と指摘した。

原題:Miners Enjoy Fastest Comeback in a Decade on Surging Profits (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE