米製薬会社ブリストル・マイヤーズスクイブの株価が21日、一時4.8%上昇した。アクティビスト(物言う投資家)として知られるカール・アイカーン氏が同社株を取得し、同社が買収標的になり得ると受け止めているとダウ・ジョーンズ(DJ)が報じたのが手掛かり。

  DJが複数の関係者の話を引用して伝えたところによると、アイカーン氏は同社株を大量保有しているが、保有株の規模は不明だという。

  この報道を受け同社株はニューヨーク市場で急伸したが、その後は伸び悩み前営業日比0.4%高の54.78ドルで終了。時価総額は約920億ドル(約10兆円)。

  ジャナ・パートナーズは前四半期にブリストル・マイヤーズ株を少額取得しており、アイカーン氏による株取得が確認されれば、ヘッジファンド業界の行動の加速が鮮明になる。ブリストル・マイヤーズはがん治療薬の臨床試験のつまずきで時価総額が過去約8カ月に300億ドル程度減少したことから、買収標的になり得ると投資家はアナリストは臆測している。

  ブリストル・マイヤーズの広報担当はコメントを控えた。アイカーン氏に取材を試みたが返答はない。

原題:Bristol-Myers Rises After Report That Carl Icahn Owns Stake (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE