オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は22日、同国の労働市場が堅調に推移しており、金融当局が金利据え置きを長期化させることが可能だとの考えを明らかにした。

  ロウ総裁はシドニーでの講演のテキストで、「その他の条件が不変なら、失業率が高くて上昇している状況では、インフレ率を目標の中間点に一段と早期に戻すことを狙った政策の論拠が強まる」と指摘。その上で「これまでのところ、われわれが好ましいと判断するほど速くはないが、労働市場が正しい方向に向かっている点に満足している」と語った。

  同国の失業率は過去1年間、5.6-6%で推移。西部および北部での鉱業関連投資削減の影響を、東海岸の不動産市場やインフラ支出の強さが十分に補っている。

原題:RBA’s Lowe Signals Steady Labor Market Allows Pause on Cash Rate(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE