中国の大連万達集団は、主要映画賞「ゴールデン・グローブ賞」の放映権を持つ米国の非上場企業ディック・クラーク・プロダクションズ(DCP)を買収する計画で障害に直面している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に語った同関係者によれば、DCP買収を昨年発表した大連万達は資金を中国本土から持ち出すのが難しい状況だ。ただ、買収が撤回されるとの断定には時期尚早だという。

  中国企業が昨年発表した海外での企業の合併・買収(M&A)は過去最大規模となり、中国当局による案件審査は厳しくなっている。

  ザラップは関係者の話として、大連万達のDCP買収は頓挫したと先に報じた。

原題:Wanda’s $1 Billion Bid for Dick Clark Said to Be Facing Hurdles(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE