中国の高虎城商務相は21日、米中間の貿易戦争が選択肢の1つになってはならないとの考えを示した。

  同相は北京での記者会見で、中国と米国が交渉を通じ貿易摩擦を克服できることを歴史が示していると指摘。貿易の規模を踏まえるとささいない対立は不可避だとも話し、中国は2国間の経済関係を着実に推し進めるとともに、対立には適切なやり方で対処していくと語った。

  「協力は双方に恩恵をもたらす一方、対立は打撃となり得るだけだ」と述べた。

原題:China Minister Says Trade War With U.S. Shouldn’t Be an Option(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE