ロシアが昨年12月にサウジアラビアを抜き、世界最大の原油生産国となった。ここ数十年で最大の原油供給過剰を受け世界の産油国がその緩和に向けて原油減産合意を実行する前の12月に、両国は供給を制限し始めた。

  共同機関データイニシアティブ(JODI)のウェブサイトで20日発表されたデータによれば、ロシアの12月の産油量は日量1049万バレルと、前月比で同2万9000バレル減少。サウジは前月の日量1072万バレルから同1046万バレルに減った。ロシアの産油量がサウジを上回ったのは昨年3月以来。

  JODIによれば、米国が3位で日量880万バレル。前月の同890万バレルから減少した。4位はイラクで同450万バレル、5位の中国は同398万バレルだった。

原題:Russia Overtakes Saudi Arabia as World’s Top Crude Oil Producer(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE