中国は2020年までに空港を50余り増設することを目指している。航空旅客需要の大幅増加で既存のインフラが逼迫(ひっぱく)しているため、空港を増やして対応する。

  中国民用航空局が発表した5カ年計画に基づけば、国内の民生用の空港数は2015年時点の207から260に増えることになる。投資額については触れていない。同局は中国の航空輸送が20年末まで年10.4%ずつ拡大するとの見通しを示した。

  中国最大手クラスの国有航空会社各社は、旅客需要の急増に対応してこの2年で機体を数百機発注。便数増加に伴うスペース確保で既存の空港は拡張などを迫られている。

原題:China Plans to Add Airports as Travel Surge Strains Facilities(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE