英議会上院は20日、メイ首相に欧州連合(EU)離脱通告の権限を認める法案の審議を開始した。下院で同法案は原案通り可決されたが、一部の上院議員は修正を目指している。

  メイ首相は上院の王座の前の階段に座り、審議を見守るという異例の行動に出た。沈黙を守る一方、議員らに対し、3月末までに離脱通告を行う計画を妨げないよう無言の圧力を加えた。

  上院ではこれまで30の修正案が提出されている。下院で提出された250余りには遠く及ばないが、与党・保守党が過半数に届かない上院ではメイ首相の思惑通りの可決に至らない可能性が高まる。

  上院での一般的質疑は20、21日に行われ、実質的な修正の議論は来週まで予定されていない。上院で修正が行われれば、法案は再び下院に送られ再審議される。

原題:Brexit Law Hits Lords With May Watching Quietly From Steps (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE