20日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)では、ギリシャ向け追加金融支援の早期実施について合意には至らなかったが、ギリシャ政府と債権者は向こう数日以内に協議を再開することで一致した。これを受け、ギリシャ国債相場は上昇した。

  債権者側はギリシャに対し、追加支援の条件として税制や年金、労働市場の改革などの実施を求めている。欧州諸国の政治家が国内選挙への対応に追われるようになる前にギリシャ支援で合意するには、20日のブリュッセルでの財務相会合が最後のチャンスになると、当局者は指摘していた。

  ユーログループのデイセルブルム議長(オランダ財務相)は記者団に対し、「必要な作業がまだ多く残っている」と説明。ギリシャは7月に約60億ユーロ(約7200億円)相当の債券償還を迎えるが、5月までは新たな金融支援の実施は必要ないと指摘した。

  欧州諸国は過去数カ月間、ギリシャ支援をめぐって国際通貨基金(IMF)と意見が対立していたが、構造的改革を求めるIMFに同調するようになった。会合に先立ち、ギリシャのツァカロトス財務相が債権者側の担当者に会い、交渉を継続する上で十分な進展があった。デイセルブルム議長は、債権者側の担当者が「極めて近い将来」、再びアテネ入りすると述べた。

  ギリシャの2年債利回りは20日、0.58ポイント低下し9.09%を付けた。これは2月13日以来の低水準。

  ギリシャ向けの追加金融支援とそれに伴う債務軽減措置は、IMFの参加なしで支援を続けることを欧州の債権者が拒否したため、実施が遅れていた。

  IMFは電子メールで送付した声明で、債権者が求めた条件を満たすことに向けたギリシャの前進を歓迎するとし、担当者を再びアテネに送ることに同意したと説明。「他の重要な問題について意見の相違を埋めるためさらに前進する必要があり、今回の派遣で事務方レベルの合意に至るかどうかを予想するのは時期尚早だ」とした。

原題:Greece Misses Another Bailout Deadline as Talks Set to Resume(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE