20日の外国為替市場ではドル指数が小幅下落。ポンドは反発した。この日はプレジデンツデーの米祝日で、外国為替取引は薄商いとなった。

  ドル指数は前営業日終値を挟み小幅にもみ合った後、ニューヨーク時間午後5時10分現在は前営業日比0.1%下落。ドルは対円で0.2%高い1ドル=113円10銭。一方、ポンドは他の主要10カ国(G10)通貨全てに対し上昇し、ドルに対しては0.4%高の1.2463ドルとなった。

  南アフリカランドは対ドルで一時1.1%下げたが、その後下げ幅を0.1%に縮小。与党・アフリカ民族会議(ANC)執行委員会の臨時会議でゴーダン財務相の進退が話し合われる可能性が材料視された。

  20日は米株式および債券市場が休場だったことから、投資家は欧州の動向に手掛かりを求めた。ドイツでメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の支持率がメルケル政権発足以来初めて、社会民主党(SPD)を下回ったとする世論調査が出たほか、英国では一部の上院議員が欧州連合(EU)離脱手続き開始を可能にする法案の修正を求める意向を示したことから、政治リスクが意識された。
  
  米連邦準備制度理事会(FRB)が22日に公表する連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(2月1日)は、トランプ政権の政策に対する委員らの見解が示される可能性がある。米経済指標では、1月の中古住宅販売件数(22日発表)などから住宅市場の活動水準が年初に上向いたかどうかが示されそうだ。また、マークイット・エコノミクスが21日発表する2月の米製造業およびサービス業購買担当者指数(PMI)は、前月からの小幅上昇が予想されている。

原題:Unilever Dents Europe Stock Advance as Pound Rises: Markets Wrap(抜粋)
Pound Leads Gains Versus Dollar as Volumes Muted on U.S. Holiday(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE