トランプ米大統領は、先週辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任にマクマスター陸軍中将を指名した。マクマスター氏は先端技術の兵器を利用した正確な空爆で勝利を収めることができるという国防理論を否定、直言を恐れない論客として知られる。

  トランプ大統領は20日、フロリダ州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」で記者団に対し、マクマスター氏は国家安全保障会議(NSC)首席補佐官のキース・ケロッグ退役陸軍中将と共に任務に当たると説明。「この2人の取り合わせは非常に特別なものだ」と語った。

  ケロッグ氏はフリン氏辞任を受けてその代行を務め、自身も国家安全保障問題担当の補佐官候補として検討されていたが、マクマスター氏起用の決定を受け、NSC首席補佐官のポストに戻る。

  上院共和党でトランプ氏批判の急先鋒(せんぽう)に立つ上院軍事委員長のジョン・マケイン議員はマクマスター氏の起用を「素晴らしい選択だ」と指摘。マクマスター氏を選んだことでトランプ大統領は高く評価されるだろうと述べた。

  トランプ大統領はフリン氏の後任選びで、このところ数人の候補と面談していた。米当局者2人が同ポストの提示が未公表であることを理由に匿名を条件に語ったところでは、最初に後任候補とされた退役海軍中将のロバート・ハーウォード氏は先週、指名を辞退していた。

原題:Iconoclast McMaster Tapped as U.S. National Security Adviser(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE