イタリアのレンツィ前首相(42)は19日、首相辞任後も留任していた与党民主党(PD)書記長(党首)を辞職した。離党も辞さない構えを見せる党内の批判勢力に対抗し、首相再選を目指す活動を開始する。

  レンツィ前首相はローマのホテルで党の議員らに対し、野党「五つ星運動」を利する党内の内輪もめや「少数派による脅し」を非難した。党内の批判勢力は、下院の任期が切れる2018年初めまでジェンティローニ首相が続投することを支持し、早期の総選挙を目指す方針を断念するようレンツィ氏に強く迫っている。

原題:Italy’s Renzi Quits as Party Leader, Triggers Re-Election Fight(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE