ギリシャは第3次支援プログラムの審査完了に向けた障害を打開できない状況が続き、公債市場へのアクセスを回復する能力が弱まっており、不人気なひも付きの新たな支援プログラム要請に追い込まれる可能性が高まりつつある。

  ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)はブリュッセルで20日開く会合で、次回支援金を受け取るためには、さらなる努力が必要だとギリシャに再度伝える国際通貨基金(IMF)が同国財政の持続可能性を疑問視し、欧州中央銀行(ECB)もより実質的な債務軽減策が発表されるまではギリシャ債の購入を見合わせる状況で、投資家のギリシャに対する信頼が揺らいでいる。

  欧州で選挙シーズンが到来すれば、ポピュリスト政党の台頭で交渉を長引かせることが政治的に難しくなるため、欧州連合(EU)の欧州委員会とECB、欧州安定化メカニム(ESM)、IMFは、支援プログラム審査の選挙前の完了を急いでいる。ギリシャは第3次支援プログラム(総額860億ユーロ =現在の為替レートで約10兆3000億円)が終了する来年までに経済を安定させ、自国債務を賄う資金調達を開始できるようにする必要がある。

  ABNアムロ銀行のマクロ調査責任者ニック・コーニス氏は「審査完了の遅れは新たな支援策が必要になるリスクを高める」と指摘する。

  IMFの指示に対する政府の抵抗に加えて、IMFの関与がない状況でギリシャに資金を提供し続けることを欧州の債権者が拒み、こう着状態を招いている。EU当局者によれば、20日のユーロ圏財務相会合については、審査担当者が協議継続のためにアテネに戻ることで合意する程度しか期待できないという。

  非公開情報であることを理由に当局者が匿名を条件に語ったところでは、ギリシャ政府と審査担当者との間で事務レベルの合意が早期に成立し、IMFが支援プログラムに復帰したとしても、ギリシャは審査に関係する政策の立法措置が必要になり、次回分の支援金支払いがさらに遅れることになりそうだ。

原題:Greek Efforts to Escape Bailout Shackles at Risk Amid Standoff(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE