中国が北朝鮮からの石炭輸入停止に踏み切った。これは米国とその同盟国へのメッセージを意味する。それは交渉開始の時が来たというものだ。

  中国政府は18日、北朝鮮の核開発プログラムをめぐる国連安保理の制裁決議に従って同国からの年内の石炭輸入を全面停止すると発表した。これにより北朝鮮の輸出はほぼ半減する。

  中国の当局者は同時に、北朝鮮の金正恩体制は自分たちが安全だと思えるまで核能力の開発を続けると予想し、北朝鮮を追い詰めてもうまくいかないだろうと述べた。中国の王毅外相は19日、ミュンヘン安全保障会議の場で韓国の尹炳世外相と会談した後、協議を再開して「核問題に関する負のサイクルを終わらせる」時が来たとの声明を発表した。

  同会議に出席したユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長はインタビューで、「中国は北朝鮮へのいら立ちを募らせている。中国は明らかに北朝鮮に対する自国の影響力が大きくないと感じており、トランプ大統領の下の米国が多国間プロセスの継続に反対しているとして中国を非難することになるのを懸念している」と指摘した。

原題:China Message to Trump With North Korea Coal Ban: Let’s Deal (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE