週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザーズのアニメ-ション作品「レゴバットマン ザ・ムービー」が先週に続き首位を守った。

  初登場でマット・デイモン主演の中国を舞台にした「グレートウォール」やアイス・キューブ主演のコメディ「フィスト・ファイト」(原題)を抑えた。

  調査会社コムスコアの19日の発表資料によれば、レゴバットマンの北米興行収入は推計3420万ドル(約38億6000万円)。コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズのグレート・ウォールは1810万ドルで3位、ワーナー・ブラザーズのフィスト・ファイトは5位だった。

マット・デイモン主演の「グレートウォール」
マット・デイモン主演の「グレートウォール」
.

  初登場のもう一作品、20世紀フォックスのホラー映画「キュア・フォー・ウェルネス」(原題)は10位。

  万里の長城を舞台にしたマット・デイモン主演のグレートウォールは、ユニバーサルと中国の大連万達集団傘下のレジェンダリー・エンターテインメントの米中合作で、中国の文化や神話に米観客がどの程度関心を示すかの試金石と位置付けられている。

原題:‘Lego Batman’ Beats ‘Great Wall’ to Lead U.S. Box Office (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE