輸出から輸入を差し引いた日本の貿易収支は1月速報で5カ月ぶりの赤字となった。赤字幅は市場予想を上回った。正月休みに伴い輸出が伸びず、輸入が円安の進行や原油価格の上昇で25カ月ぶりに増加に転じたことが主な要因。

キーポイント

  • 貿易収支は前年同月比67.8%増の1兆869億円の赤字(ブルームバーグ調査の予想中央値は6259億円の赤字)-前月(確報)は6404億円の黒字
  • 輸出は1.3%増の5兆4219億円と2カ月連続で増加-前月(同)は6兆6793億円
  • 輸出数量指数は0.3%減と3カ月ぶりに減少
  • 輸入は8.5%増の6兆5088億円と25カ月ぶりに増加-前月(同)は6兆389億円


背景

  世界経済の回復に伴い輸出が増加基調にある中、貿易収支が赤字に転じた背景には原油価格の上昇や米大統領選後の円安によって輸入額が増加に転じた要因がある。昨年2月中旬ごろだった中華圏の春節が1月下旬ごろに前倒しとなり、輸出が伸び悩んだ影響も考慮する必要性がある。

エコノミストの見方

  • 明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは統計発表後の取材で、輸出について「回復に向かう中で伸びが一時的に鈍った。引き続き回復傾向にある」と指摘。先行きについては円安と原油高で、個人消費の伸びが限定的なものにとどまることから、「今後も、外需主導の景気回復、内需は弱いという構図は変わらない」とみている。
  • SMBC日興証券の丸山義正チーフマーケットエコノミストは統計発表後のリポートで輸出は実質でも数量でも「明らかに弱い」とした上で、「春節の影響は推し量りにくい。2月、場合によっては3月データまで勘案して判断するべきと言える」と指摘。「2017年の輸出は引き続き強気で見ておいて良い」と予想している。

詳細

  • 輸出は鉱物性燃料が前年同月比52.3%増、自動車の部分品が12.5%増と増加に寄与
  • 輸入は原粗油の数量は3.5%減少も、金額ベースで35.6%増加、中国が過剰採掘を抑制している石炭も同52.2%の大幅増
  • 米国向け輸出は前年同月比6.6%減と2カ月ぶり減、欧州連合(EU)向けは5.6%減と4カ月連続減
  • 中国向けは3.1%増と3カ月連続の増加-財務省は中華圏の春節では通関手続きの遅れなどにより日本の輸出が弱めに出ると説明
  • シェールガスを初めて米国から輸入-同国からの液化天然ガスが全増の159億円に


最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE