米国家安全保障会議(NSC)の西半球問題担当のシニアディレクターに最近指名されていたクレイグ・ディア氏は、非公開のイベントでトランプ米大統領やホワイトハウス高官を批判した数日後に、同職を解任された。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

クレイグ・ディア氏
クレイグ・ディア氏
Source: National Defense University

  ディア氏をこのポストに起用したのは、2月13日に国家安全保障問題担当の大統領補佐官を辞任したマイケル・フリン氏だった。フリン氏はロシア大使とのやり取りに関して誤った情報を与えたとして正副大統領の信頼を失い辞任に追い込まれていた。

  ディア氏解任はポリティコが先に報じたもので、同氏はワシントンのウッドロー・ウィルソン・センターで最近開かれた円卓会議でトランプ大統領や政権幹部を批判したという。首席戦略官スティーブン・バノン氏やトランプ氏の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏のほか、NSC全般の混乱などを標的にしたとされる。

  

原題:NSC Official Fired After Reportedly Criticizing Trump, Aides (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE