トランプ米大統領は就任から約1カ月となる18日、フロリダ州で選挙遊説スタイルの集会を開いた。大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のマイケル・フリン氏が辞任に追い込まれ、新政権の機能不全について取り沙汰される中、トランプ大統領は最も熱心な支持者に政権へのお墨付きを求め、支持者もそれに応えた。

  トランプ氏は会場に向かう大統領専用機で記者団に対し、「人生は選挙戦だ」と述べ、1つの例外を除いて「結束」を目指す考えを表明した。大統領は17日、ニュースメディアを「米国民の敵」だと指摘。集会の前や最中も非難しており、結束の例外とはニュースメディアを指すことが直ちに明白となった。

18日、集会に臨んだトランプ大統領
18日、集会に臨んだトランプ大統領
Photographer: Joe Raedle/Getty Images

  同大統領はオーランド・メルボルン国際空港に集まった数千人の支持者に対し、「私は偽ニュースのフィルターなしで皆さんにお話ししたい」と語りかけた。同氏は昨年9月に民主党候補だったヒラリー・クリントン氏との初の討論会後も同空港で集会を開いていた。

  45分間にわたった今回の演説では、16日にホワイトハウスで記者会見した際のテーマを取り上げた。最新鋭ステルス戦闘機「F35」計画に関する交渉や新たな石油パイプライン計画、規制緩和への取り組みなど政権がこれまでに取った行動に言及し、昨年の大統領選で多用した米政界の「ヘドロをかき出す」といったキャッチフレーズを再び使い、「世界のエリート」への批判を繰り返した。

原題:Trump Says ‘Life Is a Campaign’ as He Seeks Validation From Fans(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE