トランプ米大統領が大統領選中の公約通り中国を為替操作国に認定した場合、議会は支持するだろうと、上院外交委員会メンバー2人が指摘した。

  リンゼー・グラム議員(共和、サウスカロライナ州)は19日、ドイツ・ミュンヘンで開かれているミュンヘン安全保障会議のパネル討論会で、共和党が多数派の米議会には対中国の行動で団結する機会があると発言。「中国の為替操作国認定には超党派の支持がある。私が望んでいるのは中国との争いではなく、関係改善だ。しかし中国の行動には対抗する必要がある。為替操作は米議会を団結させる可能性のある問題になると思う」と説明した。

  ジーン・シャヒーン議員(民主、ニューハンプシャー州)は「米政権の対中政策がどうなるか私にはまだ分からない」とした上で、「『1つの中国』政策は非常に重要だと思う。中国は為替操作国であるという見方に私は同意するし、この点で議会には超党派の合意が存在すると私はみている」と語った。

原題:Trump Seen Having Support If He Dubs China Yuan Manipulator (1)(抜粋)

リンゼー・グラム上院議員
リンゼー・グラム上院議員
Photographer: J. Scott Applewhite/AP Photo
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE