モンゴルは国際通貨基金(IMF)から3年間で4億4000万ドル(約500億円)の融資を受けることで実務者レベルで合意した。債務返済懸念が高まる中、期間3年の拡大信用供与措置(EFF)として提供される。

  IMFが19日付で発表した文書によると、モンゴル支援にはこのほかアジア開発銀行(ADB)、世界銀行、日本、韓国などが最大30億ドルの支援をするほか、中国が150億元(約22億ドル)相当の2国間通貨スワップ協定を3年間延長する。これらを合わせた外部からの支援総額は約55億ドルになるという。

  モンゴルの国内総生産(GDP)伸び率は昨年1%まで低下した。資源価格が下落したほか、銅鉱石や石炭の主な輸出先である中国の経済成長が鈍化したことが要因。また、オユトルゴイ鉱山を巡る英豪系リオ・ティントとの問題を背景に、外国からのモンゴル投資も停滞していた。

原題:IMF Grants Mongolia $440 Million Loan as Part of $5.5b Bailout(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE