英国の小売売上高は1月に予想に反して減少。3カ月連続の落ち込みとなった。インフレ加速が消費者の支出動向に影響を及ぼし始めたことが示唆された。

  英政府統計局(ONS)が17日発表した1月の小売売上高指数(自動車用燃料含む)は前月比0.3%低下。エコノミスト調査では1%上昇が見込まれていた。昨年12月は2.1%低下(改定値)だった。

  INGバンクのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏(ロンドン在勤)は、「欧州連合(EU)離脱選択後に英消費者が示してきた注目すべき弾力性はついに終わりを迎えそうだ」と述べ、「2017年は英消費者にとって厳しさが増す可能性がある」と指摘した。

  インフレ率は1月に1.8%に達し、年内の上昇が続くとみられている。昨年の国民投票でのEU離脱選択後にポンドが急落し、輸入コストを押し上げている。

原題:U.K. Retail Sales Unexpectedly Decline as Inflation Bites (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE